乾燥肌

乾燥肌

乾燥肌

肌は遺伝による病気など以外では、 生活環境・外からの刺激などで、乾燥してしまう状態になります。

とくに、乾燥する季節「夏から秋」 このシーズンはとくに肌へのケアが大事!と言われています。

この時期にケアをおろそかにしてしまうと、冬の肌はさらにトラブル増加!!

人の身体は、寒い季節から暖かくなる季節は、柔軟性があるようですが、 暑い季節から寒い季節に変わるときに

肌だけではなく、体調を崩しやすい季節と言われています。

原因としましては、夏に受けた身体へのダメージが、 季節の変わり目、急な気温変化によるものに、知らず知らず身体が付いていけなくなってしまうのです。

大事なのは、しっかりとお肌も身体も休む事が大事なのです。

だからといって休んではいられませんよね?

ではどのようにケアをしていけば、 この大事なシーズンの「乾燥肌」「身体」を休ませることが出来るのでしょうか?


まず、乾燥する肌は、体内ではもう乾ききった砂漠のような状態です。 乾燥肌を治していくには、長い月日が必要です。

乾燥肌ではない人でも、一日あたりの目安は1.5L~2Lと言われています。

ざっと、500mlペットボトル4本!!

あくまでこれは、目安ですが、大切なのは「こまめな水分補給」です。

人間の身体は約60%の水でできています。


乳幼児

約75%

子供

約70%

成人

約60%

老人

約50%

※年齢、個人差によって水分量は異なります。

また、水分を失う量も年齢・環境によって異なります。

ついつい、夏から秋にかけて涼しい季節になってしまい、 涼しいという事で、喉が乾かないからといって、 水分の補給を忘れがちになっていませんか?

水分不足による、代謝の低下、血行も悪くなり、 必要な皮脂の量も減少してしまいます。

「こまめな水分補給」をするだけでも、

肌・身体はいつもとの違いを感じれると思います。

つまり、「こまめな水分補給」で、肌は正常に近い状態に出来るのです。

さらに、外からも水分を補給してあげることによって、

肌は正常な状態から「潤い」に変わるのです。