毛が濃い理由

毛が濃い理由

毛が濃い理由02

毛が濃いというのは、毛を剃っても剃っても直ぐに毛が生えて、チクチクから長い毛に変わる事が早いことだと思います。
原因は、ホルモン・毛周期・遺伝など様々な理由があり、個人差もあります。

実は毛を剃ると「濃くなる」のではなく
毛が「太くなり」以前よりも多く見えてしまうのです。

例えば最も多いとされているカミソリでの処理方法は
「毛を濃く」していく流れに乗っているのです。

矢印カミソリは毛と一緒に皮膚も剃っているのはご存知でしょうか?

矢印毛を剃った後に皮膚に粉のようなものが吹いている事はありませんか?

自分では見えない皮膚を多く傷つけていることから、 皮膚細胞が「傷つけられた」と認識をして「傷を治そう!」と皮膚の細胞分裂が活発になり、 肌を守ろうという働きが行われます。その際にメラニン色素の分泌量が増加し、色の濃い毛が生えてくるようになります。

これがみんなが思っている、「毛を剃ると濃くなる」という事です。

毛の色が濃いことで毛を多く見せてしまい、 回数を重ねていくことによって毛穴も目立っていきます。毛穴が目立つのは、 毛穴が開きっぱなしになっているからです。

この開きっぱなしも「毛が濃い」ように見えてしまう原因の一つです。

毛穴は、皮脂を出すなど必要に応じて開いたり、閉じたりします。
しかし、毛を剃る行為(皮膚を剃る)を続けていくうちに、 開閉コントロールが上手く出来なくなっていきます。
皮膚を守ろうと皮脂が出っぱなしになってしまったり、 逆に皮脂が毛穴を塞いで酸化してしまう事によって、毛穴の黒ずみが始まります。
そして、毛穴が目立つという悪循環が発生してしまいます。

自分の毛が濃い・多く見えてしまう等という声をよくお聞きしますが、その原因はこのように間違った除毛方法が招く場合が多いようです。

私達はあなたに合った除毛方法をお勧めします。