剛毛の要因を無くす

剛毛の要因を無くす

剛毛の要因を無くす02

「なんでこんなに毛が濃いんだろう」

毛が濃い、多い人は一度は疑問に思った事があると思います。

人の体毛には、男性ホルモン・女性ホルモンだけでなく、 様々なホルモンが分泌されています。

よく、毛の多い人は「男性ホルモンが活発」なんて事を言われます。

実は全ては、ホルモンバランスによるもので、 毛が濃くなったり、薄くなったりなど、毛は変化をしていきます。

矢印思春期はホルモン分泌が成長とともに活発になり毛が濃くなったり

矢印女性の妊娠中はホルモンバランスが乱れがちになり、毛が濃くなってしまったり

矢印更年期のムダ毛処理増もホルモンバランスが原因

その他でも、遺伝・生活環境など、 毛が濃くなってしまう要因は、様々あります。

体毛はホルモンと切っても切れない関係なのです。

老若男女問わず、最近では「濃い体毛」で悩む人は多いのです。

悩みがストレスになり、ストレスを感じる事によって、 対抗するホルモン(※副腎皮質ホルモン)の分泌が盛んになります。

※副腎はホルモンを分泌する内分泌器の一つ。

ここでは、同じ副腎で分泌をする、男性ホルモンも活発に分泌をしてしまうので、

毛について悩めば悩むほど、 毛がより濃くなってしまう悪循環が始まります!

では、男性ホルモンを減少させる方法は?

男性ホルモンを抑制させるのには、「大豆製品」が良いと言われています。

ダイズに含まれている、「イソフラボン」が女性ホルモン「エストロゲン」に似ており、

お肌の中でエストロゲンと同じ働きをしてくれます。

剛毛への要因を全くなくす事はできませんが

男性ホルモンを抑制させることによって、
剛毛への要因は軽減されるのです!!

男女の肌の違い

男女の肌の違い02

男性と女性の肌には、大きな違いがります。

この「男女の大きな違い」とは、なんでしょうか?

男性の肌は、脂の分泌量が多く、角質も女性より厚いと言われています。 男性の肌の最大の特徴は「皮脂」

皮脂というのは毛穴にある「皮脂腺」から分泌されているですが、 肌の乾燥を防いだり、異物の侵入や刺激を守る役割をしております。

しかし、様々な事情によって皮脂が過剰に分泌される事があります。

これが一般的な「テカリ」です。

本来、皮脂腺から分泌される皮脂は、男女の差はあまり無いと言われています。

では、なぜ男性の方がテカっているのか!?

男性の皮脂分泌量が多いのは、男性ホルモン※アンドロゲンが皮脂の分泌を活溌にする働きがあるからです!!

皮脂の分泌量が少なければ、「脂っぽい・テカリ」などは少ないのです。

その為、思春期など成長と共に「毛が濃くなる」という事は、 男性ホルモンが大きく関係しています。

女性では、20歳代をピークに年齢を重ねていくうちに、皮脂分泌は減少するのに対し、

男性は、思春期から60歳ぐらいまで、皮脂の分泌量は大きな変化をしません。

その結果、食生活・環境・ストレスなどにより、皮脂の過剰分泌によって、 毛穴が目立ちやすくなってしまったりするのです。

その為、普段からのスキンケアは女性に限らず、男性も必要なのです。

では、女性はどうでしょうか? もちろん女性も身体の成長と共に、女性ホルモン・男性ホルモンが成長します。

比率の違い、性質の違いがあります。

●女性ホルモンの主な働きは…

矢印丸みのある身体のラインを作る

矢印肌の潤いや髪の艶 etc

女性が持つ男性ホルモンは「男性の10分の1」

●男性ホルモンの主な働きは…

矢印スポーツや仕事に熱中

矢印毛を太くする ・皮脂の分泌 etc

男性が持つ女性ホルモンは「女性の半分」なのです!!

男性の皮脂分泌量が多いのは、男性ホルモン※アンドロゲンが皮脂の分泌を活溌にする働きがあるからです!!

やはり男性と女性の肌の大きな違いは、ホルモンが大きく関係しているのです。